ゲーム・おもちゃ

幼稚園4月号。付録「ワニワニパニック」作ってみた。

こんにちは、haruiです。

子供雑誌の付録が大人気ですね。

よくテレビ等で見かける度に、作ってみたいな~と思っていました。
(昔の私は、お人形遊びやままごと等の女の子の遊びよりも、プラモ作りに憧れた子供でした。)

私も何か作ってみたい!

そう思い立ち、子供に

harui
harui
好きな本買ってあげるから、本屋へ行こう

と誘い、本屋へ面白そうな付録を探しに行きました。

そこで見つけたのが、幼稚園4月号。
付録は、【ワニワニパニック】

よくゲームセンターで遊びました。

最初はゆっくりで、だんだん早くなっていき、ちゃんと叩かないと噛まれたりするんですよね。

悔しくて1回では終わらず、何回も挑戦したり。

そんなワニワニパニックのミニチュア版。

harui
harui
(これ作ってみたい。そして遊んでみたい。)

41歳おばちゃん、子供心に返ります。

雑誌の「幼稚園」の対象年齢は4、5、6歳。

娘はもうすぐ小学2年生(7歳)。

娘
欲しい本がない

と言ってきたので

harui
harui
これにしなよ。ワニワニパニック作れるよ

と言うと、

娘
やったー、これにする!

harui
harui
(よし!作戦成功!)

子供の本の出費として買う事に成功!

帰ってすぐに作ってみました。

ワニワニパニック

出来上がり写真

じゃーん!出来上がりがこちら。

楽しみすぎて、作る前・作っている途中の写真を撮るのを忘れてしまいました(^_^;)

箱の紙もしっかりしています。

<横から>

<後ろから>

用意するもの(入っているもの)

  • ワニワニパニック
  • のび太の新恐竜パニック
  • カウンター
  • モーターユニット
  • 単三電池(別売り)

”ワニワニパニック”と”のび太の新恐竜パニック”の2バージョンを作る事が出来ます。

カウンターとモーターユニットは1個しか入っていない為、付け替えて遊びます。

<モーターユニットを取って後ろから見た写真>

仕組み

モーターユニットの電源を入れると、5本の棒がランダムに飛び出してきます。

電源のスイッチは下に長押しです。

(カウンターとモーターユニットをくっつけたもの)

モーターユニットの棒を下に下ろすと、カウントされます。

モーターユニットにワニを取り付けると、ワニが中から飛び出してきます。

ワニを叩く事で、モーターユニットの棒が下に下がり、叩いた数がカウントされます。

約30秒で自動的に止まります。

作った感想

紙がしっかりしているので出来上がりもしっかりしますが、紙を差し込むのが大変でした。
小さい子供には難しいですね。

飛び出す方のワニの組み立ては簡単だったので、娘がしました。
あと部品を切り離したり、出来る事は少なかったですが、娘が自分で出来る事を探し一緒に作りました。

のび太の新恐竜パニックの方は、上の兄(10歳)が作ったのですが、大体1人で出来ました。

子供と一緒に作り、コミュニケーションにもなりますね。

私も久しぶりの工作で、夢中になって作りました(^_^)

遊んだ感想

出来上がってすぐに、子供と遊びました。

ハンマーも紙で出来ている為、出てきたワニを叩いた時に力が入り過ぎて、ハンマーがすぐボロボロに。。

テープでぐるぐるに補強しました。

カウント数は、数字が途中で止まったり、おもちゃだな。という所(^_^;)

でも飛び出してくるワニを叩こうと慌てる感じが、ゲームセンターのワニワニパニックを思い出して楽しかったです。

まとめ

今大人気の子供雑誌の付録。

遊ぶ楽しみと、作る楽しみがあって面白かったです。

お寿司のカウンターやATM、ゲームセンターのコインゲーム等もあるんですよね。

テレビで紹介されているのを見ると、いつか作って遊んでみたいという気持ちがずっとありました。

ワニワニパニックを作って、その気持ちが少し満たされて楽しかったです。

今後も面白そうな付録を見つけたら、また子供と作って遊びたいと思います。

その時はまた、体験記事としてブログに書こうと思います。

お読み下さり、ありがとうございました(^_^)

ネットでも雑誌買えますね!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA