成長

子供を叱った後のフォローの仕方。同居の義父母と子供が喧嘩。嫌だった母からの叱られ方。

こんにちは、haruiです。

私は、旦那の両親と子供と三世代で暮らしています。
義両親との関係は、良好です(のつもりです)
同居は良い所もあり、悪い所もあり。

良い関係を保っているから思えるのかもしれませんが、気をつかうのはお互い様だと思っています。
全く気をつかわなくてよい関係が一番いいですが、まだまだその域には達していません。

同居歴は11年程。
義両親に昔なら言えなかった事も、今では結構言いたい事も言えるようになってきています。

harui
harui
私、図太く強くなりました。

そして子供の頃も、祖父母(父方)と3世代で暮らしていたのですが・・・

子供の頃、大人になって自分の子供が出来た時に、こんな叱り方は絶対にしない!と強く思っていた叱られかたがあります。

嫌だった母からの叱られ方

主に祖父とよく喧嘩をしていた私。
大きな声で喧嘩をしていたら、途中でやってきて理由も聞かず私を叱る母
間に割って入るでもなく、祖父の味方をしているようにしか感じられませんでした。

その時の私の気持ちは・・・
「なんで私ばっかり(悪くないのに)理由も聞かずに怒るの?」
「私がお母さんになったら、絶対にあんな怒りかたはしない!」

今となっては、どんな理由で喧嘩していたかは覚えていませんが
(多分テレビのチャンネル争いとか、そんな小さい事)
いい思い出ではありません。

母と同じ立場にたって

現在、自分の子供(特に上の子供)と義両親が喧嘩する事も増えてきました。

大きくなって、言い方もきつくなってきた子供。
しかし、負けじと義両親も、叱るというより喧嘩口調になったり。

その言い方は違うんじゃないかな?と思う時も。

皆さんはこういう時、どうしますか?
聞いていて、これは義父母が悪いな、と思った時はちゃんと義父母に言えますか?

母として、嫁として
子供が悪い時は、もちろん子供を叱ります。
ちょっとした喧嘩なら、そっと知らん振りしたりも。

でも、義父母がそんな言い方しなくても…と思っても、喧嘩の最中はそれは中々言えません。。
特に夕飯時のお酒が入っている時。
頭に血がのぼってますからね、この嫁はなんだ!ってなっちゃいます。

そういう時は、これ以上酷くならないように子供を叱りつけてしまいます。
子供も大きい声になったり、口が悪くなってきているので、そこを叱ります。
そうしたら義父母も少し冷静になることもあるようです。

でも子供からすれば「なんで自分ばっかり…」

昔の私と同じですね。
本当はこんな対応をしたくないんだけどな、と思いながら
「ああ、母もこんな気持ちだったんだな」と同じ立場になった今、感じるようになりました。

子供へのフォロー

でも子供が将来、この気持ちをわかるかというと、それはわかりません。
なのでという訳ではありませんが、その後のフォローは忘れないように心がけています。

子供も冷静になった時、ちゃんとこちらの話を聞いてくれるので
「ママはこういう事で怒ったんだよ。」
「自分は悪くないと思っても、あんな言い方したらダメだよ」
と伝えて、
「あんな言い方されたら嫌だよね」
と子供の気持ちに寄り添ったり、愚痴を聞いたりします。

私が悪かったと思ったら謝ります。
そして、最後にぎゅっと抱きしめます
これは私と子供が喧嘩した後も一緒で、仲直りの意味でしています。

そうしたら、子供も素直に謝ってくれます。
まだまだ家では甘えたい年齢。
スキンシップも大事ですよね!

自分のストレスを軽くする為に

気持ちを楽にする為に考え方を変えました。

義父母と子供が喧嘩
以前→気をつかう→同居じゃなかったらこんな気をつかわなくてもよかったのに、、、
今→家族なんだから、喧嘩をして当たり前。言いたい事を言える関係なんだ。

実際喧嘩が始まると面倒くさいですけどね(笑)

まとめ:義父母と子供の喧嘩はこう対応しています

義父母と子供の喧嘩が始まった時、私がとっている行動を箇条書きしてみます。

  • 少し様子を見る
  • 喧嘩になりそうになったら、話題を変えてみる
  • どちらの味方でもないような感じで、自分の意見を言ってみる
  • 喧嘩が酷くなってきたら子供を別室に連れていき、冷静に話しをする
  • 子供の愚痴を聞く
  • 子供が自分の悪い所に気付いたら、その事を祖父母に謝らせる
  • 最後に抱きしめる

いつもこういう風には出来ていませんが、なるべく心掛けるようにしています。

おすすめ育児本

仲直りする時に、ぎゅっと抱きしめるというのはこの本を見て「いいな」と思ったので始めた方法です。

今では、朝の行ってきますの挨拶も、「バイバイぎゅ~」と言いながら抱きしめる事が習慣となっています。

何かいい育児本がないかなと探していた時に、絵が可愛らしくて目に入りました。
中を見ると四コマ漫画で「良い方法・悪い方法」と分けて書いてあり、分かり易く読む事が出来たので購入しました。

文字ばかり読む事が苦手な人も、読みやすい本だと思います。

子供の自己肯定感を育てる方法などが書いてあり、パパ・ママだけじゃなく、おじいちゃん・おばあちゃん、子育てに関わる皆さんに読んで欲しくなる本です(*^_^*)

なかなか育児本通りにはいきませんが、後悔のないように子育てをしていきたいと思っています。

最後に

子供の叱り方を考えていた時に昔の事を思い出し、「そういえば母にあんな叱られ方をされて嫌だった」と伝えた事がなかったな、と気づきました。

母と同じ立場にたって母の気持ちが分かるようになった今、そんな話をしてみるのもいいかもしれないな、と思う今日この頃です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA